横浜ランニング

東戸塚定番のランニングコース 環2は北向きがオススメ

環2@東戸塚

東戸塚でランニングをしようを思い立ったとき、環2沿いを走ろうと考える方は多いと思います。

実際、環状2号線は東戸塚に近く道も幅広なのでランニングに最適なコースです。

その中でも東戸塚から北向きに走るのがおすすめです。

なぜなら、アップダウンも比較的少ないからです。

この記事では写真付きで環2沿いのランニングコースを紹介したいと思います。

 

ランニングに適したコースは幅広でアップダウンの少ないコース

ランニングに適したコースの条件は“無理なく継続的に走れる”ことです。

SPORTS MATE RUN様の記事でもこのように紹介されています。

”自身の体にあった距離から走り始め、徐々に走る距離を伸ばしていくのが理想的です“

ランニングは継続して取り組むことで効果があります。

効果を重視して最初からキツイコースを選び、三日坊主に終わってしまっては本末転倒なのです。

初心者の方は最初から長時間を走ることを目指さず、まずは30分走ってみることを目標にしてみましょう。

また、コース選びではアップダウンが少なく、幅広で走りやすいコースがランニングおすすめです。

なぜならキツくなく、幅広のコースでは自分のペースで走ることができストレスを感じにくいからです。

もし、このようなコースが自宅近くにあれば、ぜひ走ってみてください。

環2沿いがランニングに適している2つの理由

さて、環状2号線沿いはランニングに適したコースといえます。

それは以下の2つの理由があるからです。

①追い抜き、追い越され易い幅広の歩道である

②環2は信号、アップダウンが”比較的”少なめである

この2つの理由について、もう少し詳しく解説していきたいと思います。

そもそも環状2号線とは

環状2号線の地図※画像は横浜市”空から見る環状2号線”ウェブページから引用

環2沿いがランニングに適している理由を説明する前に、少し環状2号線について説明したいと思います。

環状2号線は磯子駅近くから東戸塚、新横浜を経由して鶴見川まで至る道路です。

道路の特徴として、高架や立体交差により交通の障害となる交差点や高低差を極力避けた点が挙げられます。

そのため、起伏の激しい横浜市でありながら比較的アップダウンや交差点、信号機の少ない道路となっています。

①追い抜き、追い越され易い幅広の歩道

東戸塚付近では環2では、歩道は幅広に作られていてランニングには最適です。

なぜなら、ランニングの際には歩行者を追い越すことや自転車に追い抜かれることが容易です。

容易に追い越しや追い抜きができることは、自分のペースを乱されずストレスが少ない点や安全面においても重要です。

②環2は信号、アップダウンが”比較的”少なめ

環状2号線は歩道が幅広なだけでなく、交差点・信号機やアップダウンが比較的少なく、ランニングコースに向いています。

この点は前述の“そもそも環状2号線とは”でも説明しましたが、立体交差などにより他の道路や高低差を避けているためです。

特に東戸塚から新横浜方面は比較的高低差が少なくオススメです。

一方、磯子方面では高架の道路ですがこれには歩道が無く、下道を走る必要があります。

この下道では地形に沿ったアップダウンがキツイため、ランニングには向いていないと考えます。

写真で紹介 往復30分(4.0km)環2ランニングコース

今回、環2沿いを30分程度で走れるランニングコースを写真でご紹介したいと思います。

ご紹介するのはイオン東戸塚店から環2沿いを新横浜方面へ走り、環2今井交差点で折り返すランニングコースです。往復約4.0kmのコースになります。

このコースのポイントは以下の3点です。これらについて詳しく説明していきます。

・東戸塚から新横浜方向はアップダウンが少ない

・道が幅広で走りやすい

・コース周辺に公園やコンビニが少ないため、自宅で準備した方がベター

高低差

実はグーグルでルート検索をするとルートの高低差が表示されます。

ここで調べてみるとコース全体としてはアップダウンはあるものの急激なアップダウンは無いことが分かります。

ただし、コース後半の最高点となる今井ICから環2今井交差点までは長い坂道になるため、ややキツイです。

イオン東戸塚店 ~ 環2境木交差点

道路の両側ともマンションが立っているため、夏場は日陰を選んで走ることができます。

歩道は幅広ですが、買い物客などの自転車も多いためランニング時には注意が必要です。

また、環2から脇道にそれる道路がいくつかありますので、車の飛び出しには注意が必要です。

境木交差点は今回紹介するコースの中では一番大きな交差点です。信号待ちに対応しましょう。

環2境木交差点 ~ 今井IC上

この区間から人通りがやや少なくなります。

見通しがよく景色を眺めながら走ることが出来ます。

新横浜方面に向かって左側(西側)はマンションの影になりやすいので、夕日が眩しいときなどは左側を走るようにしましょう。

また、今井IC上の遊歩道は曲がりくねっていて見通しが悪いので注意が必要です。

今井IC上 ~ 環2今井交差点

ほぼ直線で見通しが良く、気持ちよく走れます。

正面に見える歩道橋がゴール(折返し地点)の目印となります。

また、急ではありませんが長い坂道のため、コース中では気合を入れて走る必要のある区間です。

コース周辺の立ち寄れるスポット

残念ながら今回紹介したコース周辺では、立ち寄れる公園やコンビニ、自販機が少ないです。

折返し地点となる環2今井交差点から階段を降りていくと自販機とファミリーマートがあります。

今回紹介したコースは30分程度で走れるのでお世話になることは少ないと思いますが、トイレなど急なトラブルの際には利用することができます。

また、同じ場所の近くに今井天満宮があります。

小さなお社なので滞在するには不向きですが、コースの目標とするのもありだと思います。

まとめ:環2沿い 新横浜方面コースの利点、欠点

環2新横浜方面のコースは東戸塚マンション群に近く、また、幅広の道でアップダウンが少なくいためランニングで走り易いコースです。

ただし、コース周辺に公園やコンビニが少ないため、ご自宅で準備してからランニングに挑むことが望ましいです。

今回は約30分で走れる4kmのコースをご紹介しましたが、自身の体力、体調に合わせて距離を調整してランニングに臨んでみてください。

・東戸塚から新横浜方向はアップダウンが少ない

・道が幅広で走りやすい

・コース周辺に公園やコンビニが少ないため、自宅で準備した方がベター

余談:ランニングにお勧めのインソール

余談ですが、私の愛用しているインソール”ソフソール(SOFSOLE) FIT2”を紹介したいと思います。

FIT2は足裏の形状に合わせたハードタイプのインソールです。

足裏全体をサポートするように特に土踏まず部分が湾曲しているが特徴です。

ソフソール(SOFSOLE) FIT2

土踏まずの高さに合わせてローアーチ/ニュートラルアーチ/ハイアーチの三種類ありますが、私はニュートラルアーチを2年弱愛用しています。

最初は使ってみて違和感がありましたが、馴染んでくると、靴の中で足がずれにくくなり、靴擦れが低減されました。

また、土踏まずに余計な負担がかからずランニングやウオーキング後のダルさが大分軽減されました。

個人的に買って良かった、と思えた商品でしたのでこの場を借りて紹介いたします。