ウォーキング@横浜

ウォーキング好きの私が見つけた3つの靴擦れの対処法

ウォーキングや外回りで長時間歩くと、靴擦れが起きて痛い思いをしながら歩いた、という経験なないでしょうか。

私も以前は靴擦れに悩まされていて、長時間のウォーキングを楽しめずにいました。

そんな私が実際に体験して効果を実感できた方法がいくつかあります。

「必ず靴擦れがなくなります!」とまでの自信はありませんが、私はこの方法で解決したので、皆さんにもぜひやっていただきたく紹介したいと思います。

靴ずれの原因

そもそも、痛くて鬱陶しい靴擦れはなぜ起きるのでしょうか。多くの方が経験からご存知だと思いますが、靴ずれの原因は靴と足の過度な摩擦が主な原因です。

足が靴に押しつけられることによる強い摩擦や繰り返し擦れることが原因で、圧迫によるうっ血や小さな無数の擦過傷、さらに重症な場合は水ぶくれを引き起こします。(※水ぶくれ;皮膚と肉が分離してリンパ液が溜まる症状))

靴擦れを防ぐには、靴と足の過度な摩擦を防ぐのが有効な対処法です。絆創膏や保護クリーム、靴や靴選びなど色々な方法がありますが、そのなかで私が実際に体験して効果を実感できた方法を紹介していきたいと思います。

足の形に注意した靴選びで靴擦れ防止

靴を選ぶとき何を見ますか?多くの方がサイズやデザインと答えると思います。しかし、靴の形状が足の形に合っているかという点も靴擦れしない靴を選ぶ上で重要です。

なぜなら、靴によっては足とサイズが合っていても、踵部分や つま先の側面が窮屈な場合があり足の形と靴の形状があっていない場合があるからです。

よくあるのは、最近流行りのビジネスシューズにある先細りタイプの革靴です。見た目にもスタイリッシュで格好良いですが、先端の尖った部分が特に親指が真っ先に当たるためダメージを受けやすいです。ビジネスシーンでは見た目も重要ですが、外回りの多い方などは靴の形状にも気を配る必要があります。

もちろん靴屋で試着をされると思いますが、そこまで側面のことまで気にされていない方が多いのではないでしょうか。私の友人にも「親指の横が当たるけど窮屈じゃないから大丈夫」という方がおります。

しかし、実は靴が合っていないことによるトラブルは、ウォーキングなど長時間歩いてみて初めて分かるものなのです。そのため、長い時間歩く用靴を選ぶ際は、靴の形状と足の形が合っているかについても特に気を使う必要があるのです。

ポイントは、“局所的に当たる箇所がないか”を確認することです。例えば親指だけが靴に当たっている感触がある場合、歩いた際には、特にそこが集中的に摩擦を受けることになります。

ベストは足全体がまんべんなく靴にあたり、無理をしている箇所がないことです。また、試着の際には、様々なシチューエーションを試す方が良いです。歩いて見たり、つま先立ちしてみたり、自分が日々無意識ながら行っている動作を意識してみて、靴と足の当たり具合を確認してみましょう。

私の選んだ靴は3E/幅広タイプ

私の足は親指が一番長いタイプの形をしています。これは日本人の中では多い足の形だそうです。他には中指が長い方、全体的につま先の長さが揃っている方がいるそうです。

さて、親指が一番長い私の場合は、親指が真っ先に靴の先に当たるため、親指の横は特に靴擦れしてしまいます。長時間歩くと赤く擦れたような跡が出来ています。靴下もここが真っ先に穴の明く箇所です。

そんな私がウォーキング用に選ぶ靴は、3Eや4Eといった幅広の靴です。

この”E”というのは、靴の横幅を表すもので、サイズが大きいほど幅広のタイプになります。よく靴屋で見かける幅広を売りにしている靴は3E以上が主です。

以前の私は前述ように親指側面の靴擦れに悩まされていましたが、この幅広規格の靴に出会ってからは、靴擦れは相当軽減されました。

こうした靴の幅広規格は靴屋さんでタグを付けて表示している場合もあれば、靴自体に表示されている場合もあり、まちまちです。

はては表示がない場合もあるので、結局は履いてみるのが一番ですが、もし表示があったら、靴を選ぶときに指標にしてみて下さい。

足の甲も締めて靴擦れ防止

靴擦れを防止にために、靴紐をしっかり締めて固定するのは有効な手段です。しかし、足首の側(紐を縛っている側)だけをキツく締めるのは得策では有りません。

なぜなら、足が足首部分だけで固定されて、先端部分はズレ易いままだからです。それだけでなく、足首に足全体の負荷がかかることになり、うっ血など別のトラブルの原因にもなります。

足を靴にしっかり固定するためには、靴紐全体を足に合わせて締める必要があります。そこで注目したいのは、足の甲でクロスしている靴紐です。

これらには靴の横の開き具合を調整し、足の甲を中心に全体を固定する機能があります。また、この部分の靴紐は無数の穴を通すことで、簡単には紐が緩まないようなっています。

靴紐の調整の仕方として、もし、靴と足の甲に隙間が場合は靴を履いた状態で靴の先から順番に靴紐引っ張って締めていきます。

逆に、足の甲と靴の上部に圧迫感がある場合は、足首側の靴紐緩め、先端に側に靴紐を引っ張り紐を送ってあげます。この場合、靴を横に開きながら靴紐を送るとやりやすいです。

このように靴紐を全体を調整することで、靴が足全体を包み込むように支えてくれます。結果、足が靴の中でずれにくくなり靴擦れを防止することが出来ます。

靴紐の調整は誰でも簡単にすぐできる対策なので、ぜひトライしてみて下さい。

インソール(中敷き)を活用して靴擦れ防止

靴用インソール(中敷き)はとても多くの種類が販売されています。例えば、活性炭を配合して消臭効果を付与したものや、ゲル剤を混ぜてクッション性を高め疲労軽減効果を求めたものなど、機能的なものが多く存在します。

金額もピンきりで100円ショップで手に入るものから、1万円近くするものまで多種多様です。

その中には靴擦れ防止機能を売りにしているものをもあります。ヒール用の部分的に使うものが多くですが、踵部分に貼って摩擦や衝撃を吸収するものなどがあります。


また、靴擦れ防止専用でなくても、衝撃軽減のあるインソールを使うことで、足へのダメージを軽減し靴擦れを防ぐことも出来ます。

インソールを購入すればウォーキング用に靴を改めて買い直す必要もないので手軽です。一度検討してみて下さい。

私の使っているインソールは「SOFSOLE FIT2」

ウォーキングが好きで歩く距離も長い私が使っているインソールは、「SOFSOLE FIT2」です。

これは土踏まずなどの足裏を支えタイプのインソールで、土踏まずに合わせてインソールが湾曲し、裏はプレートで強度が保たれ足の支えてくれます。

フラット立ち寄ったスポーツ用品店で一目惚れして買ったものです。(写真のものは2年前に買った物で、大分くたびれていますが。。。)

もともと疲労軽減のために購入したのですが、靴底から足裏をしっかりサポートしてくれるので、靴の中で足が安定して滑ることがなくなり、結果靴擦れがなくなりました。イメージとしては、土踏まずの形にインソールの山形形状がぴったりフィットする感じです。

実は私はこれまで疲労軽減のために数々のインソールを試してきました。柔らかい形状で衝撃を抑えるタイプや指に形に溝が有るタイプなど。。。

しかし、どれも疲労軽減効果があるものの、靴の中で足がずれ滑るものが多く、あまり靴擦れを意識したものはありませんでした。私が使っている「SOFSOLE FIT2」も靴擦れを防ぐことは謳っていませんが、足全体を支えるために結果的に靴擦れを防止していると言えます。

靴擦れを防止する意味では、足裏を土踏まずに沿って支えるタイプを選ぶのも効果的だと思います。

なお、SOFSOLE FIT2はインソールではちょっとお高い部類の商品ですが、足をしっかり保持してくれるので、私は気にいっています。土踏まずのアーチに高さに合わせて3種類ありますので、気になった方は以下のリンクから覗いてみて下さい。

 

まとめ

私が靴擦れを解決した方法は、①靴選びはサイズだけでなく、靴と足の形にも気を配る。②靴紐は足の甲にも合わせて調整する。③機能的なインソール(中敷き)を活用する。の3点です。特に靴紐の調整は誰でも簡単にすぐできる対策なので、ぜひトライしてみてほしい方法です。

しっかり対策をして楽しいウォーキングやお出かけを楽しみましょう!